弁護士費用の着手金とは

弁護士費用の相場とは

弁護士費用のうち着手金の割合

弁護士費用のうち、着手金は基本的にどこの事務所でもかかってくるものとなるようです。着手金は契約時に前払いをするものですが、弁護士にとって完全後払いとすることはリスクがあるので、料金のうち何割かは着手金が占めています。任意整理の費用なら、着手金が1社あたり2万円~5万円程度となっているようです。分割払いにしてもらったり、相談をすることで完全後払いとしてもらえることもありますが、基本的には契約時に一部は支払わなければなりません。また、分割払いにしてもらっても、延滞をしていると弁護士が途中でおりてしまうこともあるので注意をしておきましょう。ボランティアでやっているわけではないので、費用を支払わないと途中でおりられてしまうこともあります。弁護士費用のうち、最も高額になりやすいのは成功報酬のほうです。任意整理なら、減額できた借金の10%~20%くらいが相場になっています。100万円の減額ができたケースなら、10万円~20万円が減額報酬となるので、最も高額になるでしょう。弁護士の費用は着手金と成功報酬とに分かれていますが、成功報酬も基本報酬や減額報酬など、さまざまな種類があります。かかった経費は別でとられることもあれば、基本料金に含まれていることもあります。

↑PAGE TOP